廣道 純/ Jun Hiromichi

プロフィール


  • 1973年12月21日生まれ。大阪府堺市出身、現在は妻と娘二人と共に大分在住。
  • 89年、高校1年の時、バイク事故を起こし、脊髄損傷により突然の車椅子生活となる。
  • 退院後17歳で車椅子レースの世界へ。

HP jhiromichi.com

この選手を支援する

経歴


1994年、当時の車いすマラソン世界記録保持者ジム・クナーブの元へ弟子入りを志願。彼の元へホームステイし、レース前のメンタルトレーニングや勝ち方、練習方法など多くの事を学び、アスリートとしての素質を開花させる。
1994年、ボストンマラソンを皮切りに世界各国のレースに出場。
1996年、世界最大の大分国際車いすマラソンで日本人初の総合2位を果たし、名実ともに世界のトップアスリートとなる。
2000年、シドニーパラリンピック800mで銀メダルを獲得。
2004年3月には日本人で初めてのプロアスリートとして独立。その年に行なわれたアテネパラリンピック800mで銅メダルを獲得し、2大会連続でメダルを獲得する快挙を成し遂げる。
 現在は、世界各国で年間20回のレースに出場しながら、講演会やトークショーなども積極的に行っている。
 また、選手育成や車いすレース普及の為、コーチングクリニックを開催、健常者と車いすの融合できるスポーツイベントの開催も行っている。現役の傍らOBS大分放送でラジオ番組のパーソナリティやTOSテレビ大分のゲストコメンテーターとしても活躍中。

廣道 純が思う車椅子陸上の面白さ・見所


なんと言ってスピード感。
そして、駆け引きの面白さ。
時速30km以上のスピードで空気抵抗を考え先頭交代をしたり、どの選手をマークするかの駆け引きなど、競輪さながらの勝負が見どころです!

 陸上競技(マラソン)の車いすクラスは、1984年ニューヨーク・アイスベリーパラリンピック(ロサンゼルス大会時)から正式種目となりました。
 選手はカーボンやチタンを使用し軽量化された「レーサー」と呼ばれる3輪タイプの競技用車いすを使用し、10数人の集団を形成して風の抵抗を避けながら、42.195kmを腕の力だけで疾走します。トップ選手になると平均時速は30kmを超え、観客は迫力のあるレースを楽しむことができます。

日本パラ陸上競技連盟HP

国際パラ陸上競技連盟HP

※外部サイトへリンクします

競技への想い


車いす生活になり、二度と走る事が出来ないと思っていたら、車いすでも走る事が出来た。しかも、足で走るよりも断然速く走れるんです。
この競技のお陰で再び風を切って走る事が出来た。より多くの人にこんな楽しい世界がある事を知ってもらいたいと思います。

これまでの成績


2000年 シドニーパラリンピック800m 銀メダル/400m 5位入賞
2001年 ドイツ・ハイデルベルグマラソン 1時間27分31秒で3位 日本記録樹立
世界陸上エドモントン大会1500m 4位
2002年 世界選手権 in フランス800m 銅メダル   
2003年 日本選手権10000m 21分16秒74 優勝 日本記録更新
     スイスチャンピオンシップ800m優勝
2004年 ダニエラユーツラトラックレース800m 1分39秒36 日本記録更新     アトランタトラックレース5000m 10分05秒49 日本記録更新     アテネパラリンピック800m 1分38秒84 日本記録で銅メダル
2006年 イタリア・パドヴァマラソンにて1時間26分10秒で2位 日本記録更新
2008年 大分陸上にて400mで50秒60 日本新記録更新
2008年 北京パラリンピック、800mで1分37秒86の日本記録で8位入賞
2010年 アジアパラ大会in広州、800m銀メダル、400m銅メダル
2010年 スイスチャンピオンシップ800m 1分36秒85 日本記録更新
2010年 大分陸上2010 400m 50秒21 日本記録更新
2012年 ロンドンパラリンピック 800m 6位入賞 (シドニー大会以来4大会連続入賞)
2013年 世界選手権inリヨン 800m 4位入賞
2014年 アジアパラ大会in仁川 800m銅メダル、400m6位入賞
2015年 世界選手権inドーハ 800m 7位入賞
2018年 グランマズマラソン 1時間29分12秒 5位入賞

◎自己記録
400m/50秒21(日本記録)
800m/1分36秒85(日本記録)
1500m/3分00秒87(日本歴代6位)
5000m/10分05秒49(前日本記録)
ハーフマラソン/43分36秒
マラソン/1時間23分23秒(日本歴代6位)

◎表彰
2004年2月  大分県民栄誉賞(全国車いす駅伝5連覇)
10月 大分県民栄誉賞(パラリンピック2大会連続メダル獲得)
日出町スポーツ功労賞(アテネパラリンピック銅メダル獲得)
大阪府スポーツ功労賞/大阪府民栄誉賞/堺市民栄誉賞
内閣総理大臣賞 (アテネパラリンピック銅メダル獲得)
大分市長賞(仁川アジアパラ大会銅メダル獲得)

今後の目標


車いすレースは腕の筋肉のみを使い、レーサーという車輪の付いた乗り物を動かす競技なので、心臓への負担が少なく年齢によるパフォーマンスの低下が少ない競技なので、60歳までは現役でレベルを落とさず世界で活躍し続けたいと思っています。

ギャラリー


この選手を支援する

その他のパラアスリートたち

PAGE TOP