荒井大輔/Daisuke Arai

プロフィール


  • 生年月日:1988年5月14日
  • 出身:東京都葛飾区
  • 現在練習拠点:千葉県柏市
  • 身長:177cm
  • 体重:72kg
  • 世界ランキング:18位(2021年1月)

この選手を支援する

経歴


生まれつきの先天性右脛骨欠損で2歳から義足をつけて生活をしています。
元々中学ソフトテニス部をして大学卒業までは趣味でソフトテニスをしていました。26歳の時に就職先の岐阜でたまたまお会いした車いすテニス選手に誘ってもらって始めました。仕事をしながら少しづつ大会に出場し29歳の時に選手として東京パラリンピック出場を目指すため転職。

荒井大輔が思う車いすテニスの面白さ・見所


一般のテニスとほぼ同様のルールとシステムによって大会が開催されるので、普段テニスを観ている人はすぐに馴染めるのかなと思います。競技自体は各選手の車椅子によるチェアワークやテニスならではの駆け引きがみられます。また試合が基本的に海外が主戦場となるので、戦う相手も試合する会場も多種多様にあり、そこにどのように対応してパフォーマンスを上げていくか考えていくのも面白いです!

ツーバウンドによる返球が認められている以外は、一般のテニスと同じルール(コートの広さやネットの高さも同じ)で行われています。テニス技術以外に、車いすの操作能力も求められます。そのため、多くの選手は回転性能や敏捷性が得られるような専用の車いすを使用しています。
2007年、国枝選手が4大大会(全豪OP・ローラン・ギャロス・ウィンブルドン・全米OP)を制覇し、年間グランドスラムを達成。また、ロンドンパラリンピックでは、北京に続きシングルスでの優勝を決め、史上初の連覇を達成しました。

日本車いすテニス協会

※外部サイトへリンクします

競技への想い


テニスに出会い人生が大きく変わりました。
テニスへの恩返しをこれらからも続けて行きたいです。

これまでの成績


2019年 Slovakia Open , Taipei Open含む6つのシングルス優勝、2つのダブルス優勝。
2020年5月 国別対抗ワールドチームカップ代表選出(大会はコロナ禍のため中止)

今後の目標


選手として次の目標は世界ランキングを10位以内を目指したいです。
個人的には子供たちなどにもっとチャレンジ出来るキッカケや環境作りなどに貢献出来たらなと思います。

ギャラリー


この選手を支援する

その他のパラアスリートたち

PAGE TOP